犬との楽しい暮らしの為の豆知識

犬辞苑

犬の勉強を始めたい!犬に関する主な資格

投稿日:

犬を飼ったことがきっかけで「犬について学びたい」、「犬に関する仕事に就きたい」と飼い主さんが増えてきています。

現在、犬に関する国家資格は「獣医師」のみで、その他は各団体が独自に認定している民間資格です。

さまざまな資格がありますので、今後自分がどのように犬と関わっていきたいかによって選び方が変わってきます。

ここでは犬に関する主な資格から飼い主力をアップしたいという方の為のオススメ資格を紹介していきます。

犬に関する主な資格

トリマー

トリマーは、ペットのシャンプー、ブロー、カット、爪切り、耳掃除などを行う仕事です。

飼い主の要望を聞いて、時にはカラーをしたり飾りをつけたりし、ペットの魅力を引き出します。

また、トリマーにはペットの健康面のチェックをするという大切な役割もあり、動物医療に関する知識も求められます。

トリミングサロンへの就職はもちろん、独立開業も目指せます。

動物看護士

獣医師をサポートし、動物の看護、管理を行うための知識や技術を認定する資格です。

飼い主さんへのケアやサポート、アドバイスも大切な仕事です。

動物病院や動物関連施設の就職に有利!

ドッグトレーナー

犬に人間社会で暮らしていくためのマナーを教える仕事。

散歩・トイレ・お留守番など、人と暮らしていくためのマナーを教えていきます。

また、犬だけでなく、飼い主さんをサポートするのもドッグトレーナーの大切な仕事ですので、飼い主さんとのコミュニケーションもとても大切です。

犬の問題行動解決や、飼い主さんへのアドバイス、指導など、多岐にわたる知識が必要となります。

動物介在福祉士

動物の存在を通じて人が心身を癒したり、生活の質を上げ、心豊かな生活を送るための活動を行います。

人間関係などで落ち込んでしまった人の心のケアや、薬などの医療行為でもよくならない病気や怪我の治癒の手助けをするなど、幅広く活躍しています。

動物をパートナーとして、人とのかかわりを大切にしていく仕事ですので、十分な知識と技術の習得が必要となります。

ハンドラー

ドッグショーにおいて、犬のスタンダードを熟知し、犬を健全で美しく見せるための総合的な知識と、犬の魅力を引き出すための高度な技術を習得したスペシャリストです。

飼い主力アップにおすすめ

犬について学ぶことは、愛犬とのコミュニケーション向上や飼い主としての意識向上につながります。

もっとくわしく学びたいという飼い主さんにもおすすめの資格を紹介します。

ホリスティックアニマルケアセラピスト

アロマとマッサージを用いて、ペットの心身の健康を維持する知識や技術を認定します。

ペットの心と体への全体的なケアを行います。

愛玩動物飼養管理士

愛玩動物飼養管理士とは、ペットの習性や正しい飼い方、ペットに関する法律、動物愛護の精神の普及啓発活動などを行うために必要な知識・技能を有したスペシャリストです。

有資格者の方はペットショップや動物病院にお勤めの人たちをはじめ、OLやサラリーマン、主婦、学生、ペットシッター、など多彩であり、各職場での日常業務においてはもちろん、地域でのボランティア活動などで活躍しています。

また、愛玩動物飼養管理士は、動物取扱責任者の資格要件のひとつとして、国や多くの自治体から認められています。

全国で18万人以上の有資格者がいます。

Copyright© 犬辞苑 , 2020 All Rights Reserved.